小さな映画館から

名古屋シネマテークの前支配人平野勇治が生前に著した、多くの文章。そのほとんどは映画にまつわるもので、名古屋シネマテーク通信の解説だけでなく、雑誌や新聞に掲載されたものなど多岐にわたっています。

急逝からちょうど2年を期に発刊された「小さな映画館から」は、そういった文章をまとめた遺稿集です。映画への愛情に溢れた優しい文章、多くの皆様にお読みいただければ幸いです。

名古屋シネマテークの受付にて販売中です。【1650円(税込)】

通信販売をご希望の場合は、在庫確認のお問い合わせメールをnagoya@cineaste.jpにお送りください。ご入金方法のご案内を差し上げます。




朝日新聞名古屋版(2021年2月12日朝刊)にてご紹介いただきました。
「映画への愛とミニシアターの心意気があふれる一冊だ。」
   → 記事へ