ニッポン国VS泉南石綿村

●ニッポン国VS泉南石綿村 『極私的エロス 恋歌1974』『ゆきゆきて、神軍』などで知られる日本ドキュメンタリー映画のカリスマ的存在、原一男監督、待望の最新作。今回のテーマは、石綿(アスベスト)工場の元労働者とその家族、近隣住民たちによる、国を相手取った賠償請求訴訟。2006年から8年にわたった裁判を通じ、日本の戦後と現在を凝視する。
 明治の終りから石綿産業で栄えた大阪・泉南地域。最盛期は200以上の工場が密集し「石綿村」と呼ばれていた。だが、石綿は肺に吸い込むと長い潜伏期間の末、肺がんや中皮腫を発症する。国は早くから健康被害を把握していたが、経済発展を優先し対策を怠ってきた。そんな国への怒りの表れでもある訴訟は、国の責任を認める判決が続くが、早期解決を求める原告団と支援者を逆なでするように、国側は高裁、最高裁へと逃げ続ける。そうしている間にも、原告たちの身体は次第に弱り、命を落とす者も多い。業を煮やした原告の一部は、総理大臣への直訴など過激な行動に出るが、それは原告・弁護団の中に亀裂と葛藤を生むばかりだ。時間との闘い、そして巨大な敵「ニッポン国」との闘いに、どのような決着が待っているのか? 息つく暇もない怒涛の215分(途中休憩あり)。



4/22(日) 12:45の回
 原一男監督トークショー(上映後)



2018
4/21(土)
 〜4/27(金)

12:45
18:00

4/28(土)
 〜5/4(金)

11:00
15:15

※各回、途中休憩あり
※5/5以降の上映時間はお問い合わせください。


前売券
※前売券販売は4/20(金)までです。
一 般 1800円
大学生 1800円
会 員 1500円
当日券
一 般 2200円
大学生 1800円
中高予 1500円
シニア 1600円
会 員 1600円
サービスデイ・障がい者・ご夫婦50割 1500円

※各種招待券、ぴあミニシアター回数券は使用不可。