標的の島 風かたか

●標的の島 風かたか 『標的の村』『戦場ぬ止み』で、沖縄での基地反対闘争の現状とその背景を描いてきた三上智恵監督の、最新ドキュメンタリー。
 2016年6月、アメリカ軍関係者による暴行殺人事件の被害者を追悼する県民大会で、出席した稲嶺進名護市長は、「我々はまたしても“風かたか”になれなかった」と後悔の念を口にした。“風かたか”とは、風よけ、防波堤のことだ。次の世代に、再び戦争を経験させるわけにはいかない。そのために辺野古の新基地建設、高江のヘリパッド建設への激しい抵抗が続いている。本作は、そうした現場の状況を追いながら、同時に、宮古島、石垣島で進行するミサイル基地建設と自衛隊配備の様子にも迫り、南西諸島を要塞化していく日米の戦略を詳細に描き出す。それは日本を守るためではない。“標的の島”とはすでに沖縄だけのことではなく、この日本全体の問題でもあるのだ。沖縄の自然と歴史が育んだ豊かな文化もスクリーンに溢れる、必見の119分。



4/15(土) 12:30の回 舞台挨拶
三上智恵監督御来館決定!




2017
4/15(土)
 〜4/21(金)

12:30
18:25

4/22(土)
 〜4/28(金)

10:45
16:30

※4/29(土)以降の上映時間は直接お問い合わせください。  

前売券
一 般 1300円
大学生 1300円
会 員 1200円
当日券
一 般 1700円
大学生 1500円
中高予 1200円
シニア 1100円
会 員 1300円
学生・シニア会員 1000円